朝だけじゃなくて、浅田家、良い2021年05月17日

朝だけじゃなくて、浅田家、良い
実話に基づく映画「浅田家」を観に行った。
いい映画でした。
主演の二宮和也と、兄役の妻夫木聡、どちらも良かった。

家族って大事だな、としみじみと感じる映画です。
しみじみしたい人に、おススメです。

二宮和也は「母と暮らせば」も良かったなぁ。
(この映画「母と暮らせば」で、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を取った)

映画「浅田家」の公式サイトは、こちら
https://asadake.jp/

写真家 浅田政志のオフィシャルサイト [浅田政志ドットコムは、こちら
http://www.asadamasashi.com/sauhin/
映画を観た後で、この作品(写真)を観ると、格別です。

凄い映画だ!「JUNK HEAD」2021年05月16日

凄い映画だ!「JUNK HEAD」
凄い映画だ!「JUNK HEAD」

SF映画
ストップモーションで作られてる。

監督:堀貴秀
原案:堀貴秀
キャラクターデザイン:堀貴秀
編集:堀貴秀
撮影:堀貴秀
照明:堀貴秀
音楽:堀貴秀
絵コンテ:堀貴秀
造形:堀貴秀
アニメーター:堀貴秀
効果音:堀貴秀
VFX:堀貴秀
声優:堀貴秀
etc:堀貴秀

以上のように、
堀貴秀(ほりたかひで)が、ほとんど一人で作った映画です。
大分県出身の50歳のようです。

どんなふうにして作ったのか?
エンドロールで、少しだけ出てきます。

セリフは字幕。

説明するのが難しい映画ですが、
異形の登場人物(?)に、段々と感情移入していき、
最後は、ホロリとします。

続編を期待してしまいますが、
この映画を作るのに、7年もかかったそうなので、
続編が見られるとしたら、7年後かな?

公式サイトは、こちら
https://gaga.ne.jp/junkhead/

新しい映像体験をしたい人には、必見です。
ただし、上映館は、まだ少ないです。

福岡県では、4館だけ。
九州全体でも、11館だけです。

福岡
KBCシネマ
TOHOシネマズ福津
TOHOシネマズ直方
イオンシネマ福岡

佐賀
シアターシエマ

長崎
佐世保シネマボックス太陽

熊本
Denkikan

大分
シネマ5
TOHOシネマズ大分わさだ

宮崎
宮崎キネマ館

鹿児島
天文館シネマパラダイス

たちどまって考える(その3)最終回2021年05月15日

たちどまって考える(その3)
「たちどまって考える」
ヤマザキマリ (著)   (中公新書ラクレ)  税込 924 円

さらに続きです。
最終回です。

息子からの指摘を受けて、読書と映画を見る時間を増やした。
映画や本は、旅とは違った形で内側に栄養を与え、
思考や感情、感性を鍛えてくれるもの。
家の中に居ながらにしてできる「自家発電」のようなもの。

著者が改めて見直した映画
・真夜中のカウボーイ
・さらば、わが愛/覇王別姫
・自転車泥棒
・生きる
・悪い奴ほどよく眠る
・一人息子
・長屋紳士録
・東京物語
・ビルマの竪琴
・ゴッドファーザー
・フラガール

著者がこのコロナ騒ぎにも平常心で向き合えているのは、
母が私に「特殊であることに大騒ぎをしなくていい」という生き方を示してくれたから。

”今”という視点で見れば、寂しかったり辛かったりすることも、
時間がたてばその人の強みに転化されるということは、誰にでも起きること。

不安とどう向き合うか?
日本人は、不安を内側に溜め込みやすい民族らしい。
イタリア人は不安を感じると、
早いうちにすべてを出し切ろうとする傾向がある。
不安や不満が発生した時、何かの形でとりあえずアウトプットすることは、人間の本能に適う、不安の治療法であることには違いない。

経験値を増やすことは、人を強くするだけでなく、
生きていくうえで、より幅広い出来事に対応できる「応用力」を磨く。
「経験」は、その大事なツールとなる。

あとがきから
14世紀のペストや20世紀のスペイン風邪など、
人類はこれまでにも疫病を経験してきた。
14世紀のルネサンスを興せるか、
20世紀のナチズムやファシズムの台頭を許すか。
私たちは歴史の教訓に謙虚になり、
今こそ、そこにしっかりと向き合うことを求められている。

この項、終わり。

多くの人に観て欲しい「めぐみへの誓い」2021年05月14日

めぐみへの誓い
「めぐみへの誓い」
映画です。

めぐみとは、横田めぐみさんのことです。
北朝鮮に拉致された。

クラウドファウンディングで製作されて、
昨年クランクアップしていたのが、
今年になって、全国で順次ロードショー公開されています。

ネットで拡散することも支援になるとのことなので、
ブログに書くことにしました。

できれば、たくさんの人に見て欲しい映画です。

公式サイトは、こちら。
https://www.megumi-movie.net/index.html

佐賀と鹿児島では、これから公開されるようです。
佐賀
 シアターシエマ(佐賀市) .5/21(金) TEL:0952-27-5116
鹿児島
 ガーデンズシネマ(鹿児島市) .6/19(土) TEL:099-222-8746

広島と岡山でも、これから公開のようです。
広島
 福山駅前シネマモード(福山市) .5/28(金) TEL:084-932-3381
岡山
 シネマ・クレール丸の内(岡山市) .5/14(金) TEL:086-231-0019

たちどまって考える(その2)2021年05月14日

たちどまって考える(その2)
「たちどまって考える」
ヤマザキマリ (著)   (中公新書ラクレ)  税込 924 円

続きです。

イタリア人の食の保守性は、侵略を受け続けてきた歴史に関係する。
古代におけるギリシャ人からフェニキア人の植民、
南部であれば、アラブ人からノルマン人、
北方であれば北方の民族、
中世になっても
「この前までフランスのアンジュー家が支配していたけれども、
今はスペインのアラゴン家」
というように侵略者が目まぐるしく変わった。

イタリアの家族主義、食の保守性は、
常にかかってくる外圧に対し、自分たちの”核”となる部分を守ろうとした結果。

著者は、
自分の人生に計画なんて立てたことはなくて、
常に、自分の前に乗るべき波が来たら乗ってみる、という生きかたをして現在に至っている、と言う。
縁やタイミングという「波」がやってきたから乗ってみたら、そうなっただけ、ということ。
波が来ているのに気付くのも、乗ってみようと選択してきたのも、自分だけれど・・・。

この項、さらに続く。

たちどまって考える(その1)2021年05月13日

たちどまって考える
「たちどまって考える」
ヤマザキマリ (著)   (中公新書ラクレ)  税込 924 円

5年前に、偶然に講演会を聴いて以来、
ヤマザキマリ、かなり好きです。
https://mansion.asablo.jp/blog/2016/11/08/8243351

1967年東京生まれ。
漫画家・文筆家。

著書には、
『テルマエ・ロマエ』
『国境のない生き方』(小学館新書)
『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)
などがあります。

「テルマエロマエ」は、漫画です。
映画から入りました。
映画、面白かった。
原作の漫画も面白い。

この2冊は、エッセイです。
「国境のない生き方」、
「ヴィオラ母さん」
どちらも面白かったです。

ヴィオラ奏者の母親と妹と3人で、北海道で幼少期を過ごし、
17歳で一人でイタリアに渡り、
波乱万丈の人生を歩んでいる人です。
最近では、テレビでも、ちょくちょく見かけます。

10代のころから、イタリアをはじめ、キューバ、ブラジル、アメリカと
世界各国に住んだり、旅してきた著者が、
今回のCOVID19のパンデミックを前にして、
初めてといってもいいくらい長い期間家に閉じこもり、歩みを止め、
たちどまったことで見えてきた景色について記した本です。

著者の夫はイタリア人。
イタリアの家族(舅)が言うには、
「今までだってこういうことは何度もあった。
幾度も繰り返されてきたパンデミックを越えてきた人々の末裔が、つまり俺たちであり、
こうして生き残ってきたDNAがあるかぎり、
乗り越えれられないわけはないと思うんだよね。」

その自信の根拠は、過去。
歴史に記録されているもの。
絵画の中に描き留められているもの。
家族の中で語り継がれているもの。
それらすべてを踏まえて、「生き残っている俺たち」という自信が舅の中に確立されている。

イタリアでは、社会でも家族の中でも、歴史が引き合いに出される機会がとても多い。

我が国、日本では、少なくとも私個人は、
家族の中で、そんな歴史に関わるような話をしたり、聞いたことはない。
日本が特殊なのか?

この項、続く。

慌てて観に行った「ノマドランド」2021年05月12日

ノマドランド
観ようか?どうしようか?と迷っていたけれど、
アカデミー賞の3部門を獲得したので、観に行った。

作品賞
監督賞
主演女優賞

登場人物は、素人(本物のノマド)らしい。

こんな生き方もあるんだ、ということが分かった。
私には、無理だけれど・・・

ちなみに、私の好きなブロガー「ちきりん」も観に行ったそうで、
「Chikirinの日記」に感想を書いている。
タイトルは、「最後の30年をどう生きるか」
https://chikirin.hatenablog.com/entry/2021/05/03/142619

公式サイト(?)は、こちら
https://searchlightpictures.jp/movie/nomadland.html

面白かった!ジェントルメン2021年05月11日

面白かった!ジェントルメン
面白かった!
犯罪者ばっかり出てくる映画だけど、
ストーリー展開のスピード感が気持ちいい。

裏切り、騙しあいが絡み合って、ラストに向かっていく。

配役が、いい。
ヒュー・グラントの役回りが良かった。

ネタバレになるので、詳しくは書けないけれど、
面白いです。

おススメです。

公式サイトは、こちら
https://www.gentlemen-movie.jp/

買う前に知っておくマンション管理の基礎知識2021年05月10日

公益財団法人「マンション管理センター」では、
新たにマンションを購入される方々に向けたパンフレット、
「買う前に知っておくマンション管理の基礎知識」を作成しました。

初めてマンションを購入される方に、
マンション管理に関する仕組みや
区分所有者としての権利や義務を理解していただくこと目的にしていますが、マンションを購入して間もない方が、マンション管理について理解するのにも利用できるようです。

「買う前に知っておくマンション管理の基礎知識」は、
このページからダウンロード(PDF ファイル)ができます。
https://www.mankan.or.jp/cms-sys/wp-content/uploads/2021/03/2021_pamphlet-moushikomi.pdf

タカガールデイ2日目は見事な逆転勝利!2021年05月09日

タカガールデイ2日目は見事な逆転勝利!
ホークスは、昨日(5/8)と今日(5/9)は、タカガールデイだった。

今日の外野指定席のチケットを買えたので、行ってきた。

松本祐樹の立ち上がりがメロメロで、
初回に1点先行されたけれど、3回以降は立ち直った。

打撃陣は、
6回と、7回と、8回に、それぞれ1点ずつ取って、
3対1と逆転勝ち!

勝利投手は、今シーズンの1勝目、泉。
ヒーローインタビューは、柳田と泉。

ナイスゲームでした。