定年後に夫婦仲良く暮らすコツ(その6)2019年12月09日

定年後に夫婦仲良く暮らすコツ
「定年後に夫婦仲良く暮らすコツ」
清水義範 (著)  ベスト新書  800円

行動的になろう。

好奇心を持って、いろいろと二人で出かける。
そういう行動力があってこそ、生活に活気が出る。

今からだって変えられる。
今までに問題があった、と思えるのなら、
そこから先を変えられる。
考え方次第で、自分の人生を変えることができる。

まったく会話のなかった夫婦が、
「ありがとう」、とか
「おいしいよ」、とか
「美容院に行って髪がきれいになったね」
などの言葉をかけるようになれば、
妻は初めはギクリとしたような顔をするかもしれないけど、
ゆっくりと心をほぐしていくはずだ。

暇ができた夫は家事に参加せよ。
例えば、
・一緒に掃除をする
・料理をする

「何が食べたい?」には必ず答えよ。
即答できなくてもいいから、
とにかく考えに考えて、二人の間に答えが出るように努力する。
それだけで、夫は料理の方へ一歩前進だ。
何を食べるのか、が自分に関係のある話題となる。
ちゃんと意志を持って食べることにつながる。

料理の味見は、必ず二人でするべし。

スーパーへの買い出しは、夫婦一緒に行く。

家事はいっぱいあって、
気が向いて、できることだけに手を出してみたらどうか。
面白そうと思えることだけでいい。
炊事、洗濯、掃除、アイロンがけ、ゴミだし、・・・

家の中に自分がするべきことがちゃんとあるというのは、
何もなくてボーっとしているよりは、張り合いがあっていい。

この項、次回が最終回(の予定)