なんてこった!図書館から除籍された喜多川泰の本が・・・2020年02月19日

なんてこった!図書館から除籍された喜多川泰の本が・・・
信じられない!

図書館に行ったら、除籍本の配布をしていた。
その中に、喜多川泰の「また必ず会おうと誰もが言った」があった。

なんてこったい。

図書館から除籍になるとは・・・。

2010年初版本だ。
わずか10年で除籍になるなんて。

除籍になる基準は何なんだろう?
ボロボロになったら、もう駄目だろうなぁ。
貸し出し回数が少ないと除籍になるのかなぁ?

どなたかご存じないでしょうか?
ご存じでしたら教えてください。

除籍になっていたので、もちろんもらって帰りました。
読み返してみた。

そしたら、
お医者さんの和田さんのエピソードのところを全く覚えていなかったことに気が付いた。

和田さんが母親に
「医者をやめようかな・・・」と言うと、
母親がこう言う。
「自分の使命を見つけるまで何でも好きなことをやったらいい。
そして、自分の使命を見つけたらそれに命をかけて生きりゃいい。
聡はそれができる子やけん。」

染みる言葉だ。

わが子にこう言い続けられる親でありたいと思う。

いい言葉をありがとうございます>喜多川泰さん。
感謝します。

とってもいい本なのに・・・
何で除籍に?