長崎街道を歩く(その7の2) 水かけ地蔵尊2020年06月24日

長崎街道を歩く(その7の2) 水かけ地蔵尊
長崎街道を歩く(その7の2) 水かけ地蔵尊

お地蔵さんがありました。
水かけ地蔵尊です。

由来が3つ書いてありました。
1 「皇后水」:神功皇后伝説によるもの
2 「観音霊水」:聖武天皇の守護仏の安置によるもの
3 「弘法の水」:弘法大師が巡回されたとき

福岡県内には、あちらこちらに神功皇后伝説の跡が残されています。
神話時代の話ですが、
神功皇后は、第14代天皇である仲哀天皇の皇后で、
第15代天皇である応神天皇の母です。
ちなみに、
応神天皇の息子は、第16代天皇の仁徳天皇です。

第14代天皇である仲哀天皇が亡くなったのは、
福岡市東区の香椎宮あたりで、
そこを訪れると、「香椎」の由来などがわかります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
福岡のプロ野球チームの名前は、福岡ソフトバンク????
(全角カタカナで4文字)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mansion.asablo.jp/blog/2020/06/24/9260428/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。