007 スカイフォール2020年07月10日

007 スカイフォール
007 スカイフォール

「007」シリーズの第一弾『ドクター・ノオ』(62)から
50周年となる節目(2012年)に公開された作品だ。

2006年 「007 カジノロワイヤル」
2008年 「007 慰めの報酬」
そして
2012年 「007 スカイフォール」
ダニエル・クレイグになってから、3作目。
面白い!

アストンマーチンDB5が出てきたり、
マネーペニーが着任したり、
若いQが出てきたり、その場面では北九州美術館で観たターナーの絵が出てきたりして、楽しめました。

ジェームス・ボンドの両親の墓が出てきたのは、
次回作の「007 スペクター」に繋がっているのかも?

詳細は、こちら。
https://cinemore.jp/jp/erudition/544/article_552_p3.html#a552_p3_1

次は、
「007 スペクター」を、もう一度観よう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
福岡のプロ野球チームの名前は、福岡ソフトバンク????
(全角カタカナで4文字)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mansion.asablo.jp/blog/2020/07/10/9266549/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。