世界一子どもを育てやすい国にしよう(その2)2020年07月30日

世界一子どもを育てやすい国にしよう
世界一子どもを育てやすい国にしよう
ひと世代で世の中は変わる。子どもの問題は必ず解決できる。

著者 出口 治明、,駒崎 弘樹
ウェッジ  1,200円

続きです。

実は、日本の保育園の数は劇的に増えている。
でも待機児童の数は減っていない。
保育園入園希望者が増えたから。

保育士が不足している。
保育士の待遇が悪い。給料が低い。
ここに税金を投入して、保育士の待遇を上げれば、
保育園をもっと増やせる。

政治家の本気度があれば、解決できる。
優先順位を上げればいい。
これから子供を産んでいく若者の声が、政治に反映されていない。
若者が選挙の投票に行かないから、
政治家は若者向けの政策を打ち出さない。
票にならないから・・・。

若者が選挙にもっと行って、
若者向けの政策を打ち出す政治家に投票すれば、
社会は変わる。

この項、さらに続く

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
福岡のプロ野球チームの名前は、福岡ソフトバンク????
(全角カタカナで4文字)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mansion.asablo.jp/blog/2020/07/28/9272057/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。