たちどまって考える(その2)2021年05月14日

たちどまって考える(その2)
「たちどまって考える」
ヤマザキマリ (著)   (中公新書ラクレ)  税込 924 円

続きです。

イタリア人の食の保守性は、侵略を受け続けてきた歴史に関係する。
古代におけるギリシャ人からフェニキア人の植民、
南部であれば、アラブ人からノルマン人、
北方であれば北方の民族、
中世になっても
「この前までフランスのアンジュー家が支配していたけれども、
今はスペインのアラゴン家」
というように侵略者が目まぐるしく変わった。

イタリアの家族主義、食の保守性は、
常にかかってくる外圧に対し、自分たちの”核”となる部分を守ろうとした結果。

著者は、
自分の人生に計画なんて立てたことはなくて、
常に、自分の前に乗るべき波が来たら乗ってみる、という生きかたをして現在に至っている、と言う。
縁やタイミングという「波」がやってきたから乗ってみたら、そうなっただけ、ということ。
波が来ているのに気付くのも、乗ってみようと選択してきたのも、自分だけれど・・・。

この項、さらに続く。

たちどまって考える(その1)2021年05月13日

たちどまって考える
「たちどまって考える」
ヤマザキマリ (著)   (中公新書ラクレ)  税込 924 円

5年前に、偶然に講演会を聴いて以来、
ヤマザキマリ、かなり好きです。
https://mansion.asablo.jp/blog/2016/11/08/8243351

1967年東京生まれ。
漫画家・文筆家。

著書には、
『テルマエ・ロマエ』
『国境のない生き方』(小学館新書)
『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)
などがあります。

「テルマエロマエ」は、漫画です。
映画から入りました。
映画、面白かった。
原作の漫画も面白い。

この2冊は、エッセイです。
「国境のない生き方」、
「ヴィオラ母さん」
どちらも面白かったです。

ヴィオラ奏者の母親と妹と3人で、北海道で幼少期を過ごし、
17歳で一人でイタリアに渡り、
波乱万丈の人生を歩んでいる人です。
最近では、テレビでも、ちょくちょく見かけます。

10代のころから、イタリアをはじめ、キューバ、ブラジル、アメリカと
世界各国に住んだり、旅してきた著者が、
今回のCOVID19のパンデミックを前にして、
初めてといってもいいくらい長い期間家に閉じこもり、歩みを止め、
たちどまったことで見えてきた景色について記した本です。

著者の夫はイタリア人。
イタリアの家族(舅)が言うには、
「今までだってこういうことは何度もあった。
幾度も繰り返されてきたパンデミックを越えてきた人々の末裔が、つまり俺たちであり、
こうして生き残ってきたDNAがあるかぎり、
乗り越えれられないわけはないと思うんだよね。」

その自信の根拠は、過去。
歴史に記録されているもの。
絵画の中に描き留められているもの。
家族の中で語り継がれているもの。
それらすべてを踏まえて、「生き残っている俺たち」という自信が舅の中に確立されている。

イタリアでは、社会でも家族の中でも、歴史が引き合いに出される機会がとても多い。

我が国、日本では、少なくとも私個人は、
家族の中で、そんな歴史に関わるような話をしたり、聞いたことはない。
日本が特殊なのか?

この項、続く。

今日の人生 2 世界がどんなに変わっても2021年05月02日

今日の人生 2 世界がどんなに変わっても
今日の人生 2 世界がどんなに変わっても
益田 ミリ (著)   ミシマ社   1,650円

益田ミリ、マイブーム続いています。
2020年10月14日発行

2017年3月から2020年9月までの連載を単行本化したもの。

新型コロナ(COVID19)の生活も描かれています。

美味しい冷たい緑茶の作り方。
急須の底に、茶葉(新茶)を入れ、
そこに氷を入れ、、ゆっくりと溶け出した氷でお茶を出すと、
甘みがある、美味しい冷茶になる。

夏になったら、試してみようと思う。

読書中に好きな一節や言葉を見つけると、折り目をつけておく。
それが一番役に立つのは、
うまくいかないことがあり、
家に帰っても、なーんもしたくないって時。
そんな時に、折り目のところをパラパラと読むと、
今欲しかったコトバを見つけることができたりする。

これも、試してみようと思う。

子午線の祀り2021年03月08日

子午線の祀り
久しぶりに演劇を観に行った。
「子午線の祀り(まつり)」

「平家物語」を題材とした木下順二の戯曲です。

久留米シティプラザのザ・グランドホール、
1階席、1D列34番の席。
前から4列目の席でした。

ほぼ満席でした。
コロナの中でも、観劇は満席でやれるのか・・・?

1ベルも、2ベルもなく、いきなり役者が出てきて始まった。

キャスト
野村萬斎、成河(ソンハ)、河原崎國太郎、吉見一豊、村田雄浩、若村麻由美、ほか

源義経を演じた成河(ソンハ)が良かった。
NHKのドラマ「ここは今から倫理です」第4回の ジュダ(川村)役をしていた役者だとは気づかなかった。

面白かったです。

コロナの緊急事態宣言解除で2021年03月02日

福岡県の緊急事態宣言は、
2月28日まででした。

「3/7まで休業」と書いてあった飲食店が、
3月1日に何軒か営業を開始していました。

少し平常に近づいたのか?
でも、まだまだのような気もする。

個人的には、晩ご飯を食べられるお店が増えたのは、嬉しい。

オリンピックの聖火を見てきた2021年02月17日

オリンピックの聖火を見てきた
TOKYO2020の聖火です。

総務省が募集を行った
「東京2020オリンピック聖火を活用した地方創生事業」に
福岡県が選ばれたそうだ。
2月12日(金曜日)から16日(火曜日)までの5日間にわたり、
県内8会場でオリンピック聖火が展示されました。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/olympicflame.html

コロナ感染予防のため、
聖火を間近で見られるのは、ほんのわずかな時間でした。

聖火は「火」なのだから、
もっとたくさん分けてあげて、全国各地で聖火を展示すれば、
オリンピックへの関心や期待が高まるのではなかろうか?
と妻に話したら、
「たくさんになったら、ありがたみが無くなるじゃん。」と
一蹴されました。

COVID19でマンション管理士の法定講習にも変化が2021年02月08日

COVID19でマンション管理士の法定講習にも変化が
マンション管理士は、5年ごとに法定講習を受講する義務があります。

通常は、各地で行われる講習を聴きに行くのですが、
今回は、教材が自宅に送られてきて自宅学習です。

講義はネット配信。

自宅学習が終了したら、
学習報告書
効果測定書
を郵送しなければなりません。

一昨日(2/6)、自宅で6時間半かけて自宅学習を終えました。

次回は5年後、2026年です。
通常の講習に戻っていて欲しいものです。

図書カードが当たった!2020年08月18日

図書カードが当たった!
懸賞生活、
今年の第6号、今月の第2号の当選は、図書カードです。

「日常を取り戻そう!取り戻したら書店に行こう!」キャンペーンで当たりました。

1,000円也。

別冊少年マガジン編集部さん、ありがとうございました。

久留米市美術館のペア招待券が当たった!2020年08月03日

久留米市美術館のペア招待券が当たった!
懸賞生活、
今年の第5号、今月の第1号の当選は、
久留米市美術館の
「白馬のゆくえ 小林萬吾と日本洋画50年」
2020.06.20(土)-2020.08.23(日)
のペア招待券です。

公式サイトは、こちら。
https://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/exhibition/20200620-2/

美術館は久しぶりです。
いつ行こうか・・・?

今年は、2月に九州博物館の招待券が当たったけれど、
COVID19の緊急事態宣言のため、臨時閉館になったから、いけませんでした。
http://mansion.asablo.jp/blog/2020/02/15/9214079

今回は、
早めに行かねば・・・

2,000円=1,000×2

アン・ナップルさんに感謝。

アン・ナップル編集部さん、ありがとうございました。

石川が1安打完封!2020年08月02日

石川が1安打完封!
昨日(8/1)のホークス。
西武相手に石川柊太投手が1安打、完封!
121球、13奪三振。

14時に試合開始、16時21分にゲームセット。
時間は、わずか2時間21分。
ナイスピッチングだった。

打つ方は、
初回に栗原の3ランホームランが、目の前に飛んできた。
打点が27となって、チームトップ。

いい試合だった。

残念なのは、
2軍で調整中の長谷川が、COVID19陽性となり、
今日(8/2)の試合が中止なってしまったこと。

来週以降の試合は、どうなるのだろう・・・?