長崎街道を歩く(その4の2) ここがわかりにくい2020年05月20日

長崎街道を歩く(その4の2) ここがわかりにくい
長崎街道を歩く(その4)で、「わかりにくいところ」がある、書きました。

この写真のところがわかりにくい。
中央3丁目交差点から歩き始めた「中央1号線」が
北九州都市高速道路5号線と交差する地点です。
ここから長崎街道は、、
都市高速道路の直下にある遊歩道になってます。

私は、たまたま小倉側から長崎方面に向かって歩いたので、
この入り口の看板を見つけることができました。
だけど、
長崎方面側から小倉方面へ向かって歩くと、
この遊歩道の入り口は、すごく見つけにくいと思います。

旧百三十銀行八幡支店から
黒崎バイパスの下をくぐって行って、
旧八幡製鉄所の東田第1高炉跡の近辺で、
階段を使って遊歩道へ上がって行かなければなりません。
ここの入り口には表示がなかったみたいです。

十分に気をつけてください。

ここら(八幡東区東田地区)あたりを歩くなら、
小倉から長崎方面へ向かって歩くことをお勧めします。

長崎街道を歩く(その4) ご注意ください2020年05月19日

長崎街道を歩く(その4)
長崎街道を歩く
続きです。(その4)

先週、八幡東区役所に行く用事があったので、
用事を済ませた後、
中央3丁目の交差点から、
長崎街道を歩くの初日のスタート地点(旧百三十銀行八幡支店)まで、
わずか、1,510m
高低差は、15m
時間にして、20分弱。

写真の地図の緑色の部分です。
途中、わかりにくいところがあったので、
「実際に歩いてみようか」と思っている方は、ご注意ください。

注意すべきポイントは、のちほど。

長崎街道を歩く(その1)は、こちら。
http://mansion.asablo.jp/blog/2020/05/07/9243583

長崎街道を歩く(その3の3) 裁判所の玄関の謎が解けた2020年05月15日

長崎街道を歩く(その3の3) 裁判所の玄関の謎が解けた
長崎街道を歩く(その3の3)

裁判所の前を通りました。

この裁判所、バス路線の大通りに面しているんですが、
正面玄関は、バス通りに面していません。
裏側の道路(片側1車線)に面した方に、正面玄関があります。

今回その謎が解けました。
それは、
裁判所の正面玄関は、長崎街道に面していたのでした。

歴史を辿ると見えてくるものがありますねぇ・・・。

長崎街道を歩く(その3の2) なんて親切なんだ!北九州市2020年05月14日

長崎街道を歩く(その3の2)  常盤橋から清水3丁目まで
長崎街道を歩く(その3の2)

案内板の表示
スタートの常盤橋と
この日の終点の清水3丁目です。

案内板をよく見てみると
「八幡東区昭和一丁目公園に次の案内板があります」
と書いてありました。

なんて親切なんだ。

長崎街道を歩く(その3) 小倉界隈2020年05月13日

長崎街道を歩く(その3) 小倉界隈
長崎街道を歩く(その3)

3日目は、5/10(日)

前日までの天気予報では雨だったけれど、
何とか降らないみたいだったので、歩くことにした。

この日は、小倉界隈を歩きました。

常盤橋から歩き始めて、清水三丁目の交差点まで。
距離は、3,890m
高低差は、18m
1時間1分。

疲れました。

長崎街道を歩く 色塗りしてみた2020年05月11日

長崎街道を歩く    色塗りしてみた
長崎街道

わかりにくいので、歩いた部分を色塗りしてみた。

第1日目(5/6)は、青。
第2日目(5/9)は、赤。

わかり易くなったかなぁ?

長崎街道を歩く 街道は赤い点線2020年05月11日

長崎街道を歩く 街道は赤い点線
5月6日から長崎街道を歩き始めました。

街道は、地図の中の「赤い点線」で表してあります。
これから、どのあたりまで歩けるのか・・・

気長に取り組んでいきます。

長崎街道を歩く(その2の5) 2日目の終点は曲里の松並木2020年05月11日

長崎街道を歩く(その2の5) 2日目の終点は曲里の松並木
長崎街道を歩く(その2の5) 2日目の終点は曲里の松並木

この日(5/9)は午後から天気が崩れる予報でした。

歩き始めて1時間とちょっと。
曲里の松並木のベンチで一休みしようとしたら、
雨が落ちてきた。

なので、
この日はここで切り上げることにしました。

長崎街道を歩く(その2の4) 西搆口(しにかまえぐち)2020年05月10日

長崎街道を歩く(その2の4)  西搆口(しにかまえぐち)
長崎街道を歩く 2日目

西搆口(しにかまえぐち)までたどり着きました。
東構口からここまで、1.1kmらしい。
黒崎宿の出入り口(江戸から遠い方)です。

江戸時代の宿場の様子を想像しながら、
長崎街道を歩くのは、かなり楽しい。

現在は、商店街になっている。
代官通り、くまで通り、少しさびれているのが寂しい。

長崎街道を歩く(その2の3) 宿場の搆口とは?2020年05月10日

長崎街道を歩く(その2の3) 宿場の搆口とは?
黒崎宿の東構口跡

宿場町の搆口(かまえぐち)とは、宿場町の出入り口のことだそうです。

江戸に近い方の出入り口が「東構口」、
遠い方の出入り口を「西搆口」と呼ぶ。
黒崎宿は、東から西まで、およそ1.1km。

黒崎宿は福岡、筑前の国の入り口。
地名に「崎」がついているとおり、港があった。
上方への乗合貨客船が発着していたので、賑わっていたそうです。

東構口のすぐ近所の小高い丘には、黒崎城というお城。
その城跡までは行きませんでしたが・・・