浜田省吾のツァートラック2022年11月17日

浜田省吾のツァートラック
10月に熊本のコンサートに行ったときには
スペースの関係で公開されていなかったツァートラック。
https://mansion.asablo.jp/blog/2022/10/03/9530512

今回、福岡サンパレスのチケットは買えなかったけれど、
来年(2023年)のカレンダーが販売開始になるとの情報があったので、
買いに行ったときに撮影しました。
浜田省吾の今回のツァートラックです。

福岡サンパレスの裏に駐車してありました。

生浜省、いい席でした2022年10月04日

生浜省、いい席でした
10/2の
SHOGO HAMADA
ON THE ROAD 2022
Welcome Back to The Rock Show “EVE”

熊本城ホールのメインホール
席は、2階1列46番
最前列だったので、ステージが近くてよく見えました。
疲れていれば座ったままでも、よく見える。

1月の武道館とは違って、全席にオーディエンスがいる。
少しだけ声も出ていた。
「終わりなき疾走」でのコール&レスポンスは、やっぱり燃える!

遠慮せずに大声で叫べるように、早くなって欲しい。

Welcome Back to The Rock Show “EVE”
ツァータイトルに”EVE”がついているのは、
大声で歌えるコンサートの”前夜”なのだろう。

ナマ浜省、良い!!2022年10月03日

ナマ浜省、良い!!
昨夜(10/2)
熊本城ホール
SHOGO HAMADA
ON THE ROAD 2022
Welcome Back to The Rock Show “EVE”

行ってきた。

良かった。
17時30分に開演して、2部構成のステージ。
第1部は1時間10分くらい。
20分くらいの休憩を挟んで、2度のアンコールを含めて
20時10分に終演。

今年の12月で70歳になる。
以前のように3時間を超えるステージは、さすがに無理なのか・・・?

バンドのメンバーはいつものとおり。

熊本城ホールのメインホールの定員は、2,300人。
ステージと客席が近い。

行くぞ浜省!2022年10月02日

行くぞ浜省!
SHOGO HAMADA
ON THE ROAD 2022
Welcome Back to The Rock Show “EVE”
10月2日(日) 熊本/熊本城ホール メインホール
https://sh-otr2022.jp/top/index

行ってきます。

生浜省は、今年の1月9日以来。
https://mansion.asablo.jp/blog/2022/01/09/9454864

今回は、どんな内容だろうか?
楽しみだ。

ON THE ROAD 2022 LIVE at 武道館2022年07月06日

ON THE ROAD 2022 LIVE at 武道館
Blu-rayが届いた。

浜田省吾
「ON THE ROAD 2022 LIVE at 武道館」
発売日:2022年7月6日(水)
発売元:Sony Music Labels

ネットで申し込んでいたら、発売日の1日前に届きました。
嬉しい!

今年の1月7日、金曜日の様子が
162分間で刻まれています(ボーナスの2曲を含む)
半年前を思い出して、胸が熱くなります。
https://mansion.asablo.jp/blog/2022/01/10/9454978

今年はホールツァーをやるそうなので、それも楽しみです。
チケットが当たりますように!

まだまだ浜省、アリーナ席前方2022年01月11日

まだまだ浜省、アリーナ席前方
浜田省吾 ON THE ROAD 2022 IN武道館

席はアリーナでした。
12列84番

前の方、ステージに向かって右端の方。

3年前のNHKホールの時は、後ろの方だった。
http://mansion.asablo.jp/blog/2019/01/20/9027261

コンサート終了後、グッズを買いに行きました。
Tシャツは売り切れていた。
残念。
やはり、開場前に買いに行かなければ・・・
マフラータオル(1,800円)とカレンダー(2,500円)を買って帰りました。

浜田省吾 武道館20222022年01月10日

浜田省吾 武道館2022
浜田省吾 ON THE ROAD 2022 IN武道館

ミュージシャンは、いつもと同じメンバー。

1/7(金) 16時30分開演

第1部

01.壁にむかって
02.明日なき世代
03.青春のヴィジョン
04.土曜の夜と日曜の朝
05.愛という名のもとに
06.モダンガール
07.君の微笑
08.悲しみは雪のように
09.いつわりの日々

休憩(15分)

第2部

10.路地裏の少年
11.ラストショー
12.片想い
13.陽のあたる場所
(ギターの弾き語りで「MY FIRST LOVE)
14.終りなき疾走
15.独立記念日
16.反抗期
17.東京
18.愛の世代の前に

ENCORE

19.あばずれセブンティーン
20.HIGH SCHOOL ROCK & ROLL
21.MIDNIGHT BLUE TRAIN
22.ラスト・ダンス

第1部の2曲目「明日なき世代」あたりで、目頭が熱くなった。
4曲目「土曜の夜と日曜の朝」で、歌うことができなかったのが寂しい。
第2部の14曲目「終わりなき疾走」のイントロの第1音がなった瞬間、思わす「ウォー!」と声が出た。

本編のラスト「愛の世代前に」を始める前のMCで
「1981年の8月6日に作った曲です」と。
ステージには、惜しげもなく炎が上がって、我々の席までも炎の熱気が伝わってきた。
曲の最後には、花火。

アンコールの「MIDNIGHT BLUE TRAIN」では、
レーザー光線がステージから客席側へ放たれて、レーザーが点から徐々に線になって横に伸びていった。その光跡がまるで、夜汽車が走っているようだった。
ここで一旦、ステージを降りて、最後に「ラストダンス」

コンサート終了後、分散退場の時には、
写真のように映像が投影された。

「ON THE ROAD」は演奏されなかった。
ちょっと残念。
だけど、
3年ぶりのコンサートは、アルバム「愛の世代の前に」までの曲で構成され、私の好きな曲ばかりで、十分に満足しました。

ホテルに戻っても、携帯で浜省を流し続けて、余韻に浸りまくりました。
これで、このコンサートからもらったパワーで、これから3か月は頑張り続けられます。

3年ぶりの生浜省!やっぱり良い!2022年01月09日

3年ぶりの生浜省!やっぱり良い!
行ってきました!

3年ぶりの浜田省吾!

初めての日本武道館。

2022年1月9日(金)
16時30分開始、途中15分の休憩をはさんで、
アンコールの4曲まで、全22曲。
終わったのは、19時20分ぐらいだったかな?

COVID19のために、我々の席の両隣の席は空席、
歓声をあげられない、大声で歌えない、
でも、最高でした。

行くぞ!浜省2021年12月19日

行くぞ!浜省
日本武道館、浜田省吾のチケット
抽選販売に申し込んでいた。

当たった!

2019年1月17日のNHKホールでのチャリティコンサート以来、
3年ぶりの生浜省。

武道館へ行くのは初めて。
どこら辺りの席なのかは、コンサート当日に入場するまでわからない。

COVID19のため、歌ったり歓声をあげたりはできないだろうけれど、楽しみだ!

ライオンのおやつと浜田省吾の関係とは・・・2021年11月18日

ライオンのおやつと浜田省吾の関係とは・・・
ライオンのおやつ、涙がポロポロです。
NHKのドラマで観ました。

原作は小川糸。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07ZSVVH6X/ref=dbs_a_def_rwt_hsch_vapi_tkin_p1_i0

で、
この「ライオンのおやつ」と浜田省吾の関係とは・・・

原作者の小川糸(おがわいと)は、春嵐(しゅんらん)というペンネームで作詞もしています。
浜田省吾、水谷公生、春嵐の3人で”Fairlife”という音楽ユニットを組んで、3枚のアルバムを出しています。

2004年 Have a nice life
2007年 パンと羊とラブレター
2010年 みちくさ日和