世界一子どもを育てやすい国にしよう(その1)2020年07月28日

世界一子どもを育てやすい国にしよう
世界一子どもを育てやすい国にしよう
ひと世代で世の中は変わる。子どもの問題は必ず解決できる。

著者 出口 治明、,駒崎 弘樹
ウェッジ  1,200円

深刻の度合いを深める日本の少子化問題

ライフネット生命を起こした出口治明(現在はAPU学長)と
NPO法人フローレンス代表理事の駒崎 弘樹が対談した本です。

少子化を克服したフランスの「シラク3原則」

1 赤ちゃんは女性が産みたいときに産んでください。
  男性の意見を聞く必要はない。
  経済面は税金で埋める。
  社会がとことんサポートするので、安心して産んでください。

2 赤ちゃんを必ず預けられる場所を用意する。
  0歳児保育は非常にコストがかかるので、
  育児休業給付金の支給を、
  1年目はほぼ100%にした。

3 男性でも女性でも、育児休暇を取った後、
  元の人事評価のランクで職場に戻れることにした。

この「シラク3原則」のおかげで、フランスの出生率は、
1994年:1.66から
2010年には、2.0を超えるようになった。

日本では、保育園が足りない。
待機児童が、潜在的待機児童を含めると、たくさんいる。
小学校に入れない小学1年生の待機児童は、いない。
保育園も義務教育にすれば、待機児童はゼロになる。
3千億円から1兆円くらいで、保育園の義務教育化は可能。

この項、続く。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
福岡のプロ野球チームの名前は、福岡ソフトバンク????
(全角カタカナで4文字)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mansion.asablo.jp/blog/2020/07/26/9271903/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。